( 更新日:2020/10/29)

電力会社の選び方をホームインテリアコーディネーターが伝授!

電力会社の選び方をホームインテリアコーディネーターが伝授!

★ワンデーサポーターに加入するメリット★

2018.1.05 ワンデーサポーター

友達や家族から車を借りて運転する人が利用できる一日保険にあいおいニッセイ同和損保のワンデーサポーターという自動車保険があります。基本的に補償内容はほかの一日保険とさほど変わりはないのですが、ワンデーサポーターに加入するメリットがありますのでご紹介したいと思います。ワンデーサポーターの基本的な補償は以下の通りになります。

対人対物賠償・無制限

相手や相手の物に対する賠償保険部分は無制限になっているので安心です。対物賠償には対物賠償時に相手方車両の修理費用が時価額を超えてしまう場合の修理費用を最大50万円まで補償してもらえる対物超過費用特約が自動付帯しています。

搭乗者1000万円(一時金支払い有り)

搭乗者1名毎に1000万円の死亡後遺障害の補償が付きます。ケガをした場合でも保険会社規定の一時金が支払われます。

車両復旧補償

借りた車の運転中に起こした事故による修理損害費用を補償してもらえます。車両復旧費用として保険金額の300万円、または、時価額のいずれか低い方が保険金として支払われます。

その他にロードアシスタンス、運搬・搬送費用特約、事故・故障付随費用特約が基本補償に自動付帯されます。あいおいニッセイ同和損保でワンデーサポーターに入る最大のメリットは、車両補償付きのプランに加入した場合に発揮されます。なぜなら、あいおいニッセイ同和損保会社の前身であるあいおい保険は、旧千代田火災と大東京火災という損害保険会社です。千代田火災は、トヨタ保険と呼ばれていたほどトヨタ自動車に最も寄った保険会社でした。トヨタ向けの商品開発を進めるために衝突時の損害状況などを検証するための実験設備まで整えており、現在もあいおいニッセイ同和損保に引き継がれています。また、大東京火災は多くの修理工場を代理店に持っていることが強みの保険会社でした。現在、あいおいニッセイ同和損害保険と提携する修理工場の多くは大東京火災からの流れといわらています。このような背景から、事故の修理の際に修理工場との連携に期待ができるところが商品の補償内容だけでは量れないメリットということになります。 あいおい損保は、どこにも劣らない事故対応力を備えた保険会社と評判でしたのでそれを引き継いでいるあいおいニッセイ同和損保なら事故をしたときに安心して任せられるでしょう。

さらに、前身であった千代田火災はトヨタ自動車に最も寄った保険会社だったので、あいおいニッセイ同和損もトヨタ車を知り尽くした保険会社といってもいいでしょう。実際、あいおいニッセイ同和損は、トヨタ車に特化した保険商品や割引なども提供しているのでトヨタ車の場合、トヨタディーラーとの連携もスムーズだと考えられます。さらに、あいおいニッセイ同和損保は自動車研究所を持っており、事故修理の研究と保険商品への反映など力をを注いでいる保険会社です。この施設は、1990年代にトヨタ自動車の協力もあって旧千代田火災が作った業界屈指の自動車事故研究施設です。このように一日保険の補償内容以外の見えない部分でより良いサービスの提供に努める企業努力をしている保険会社なので、一日保険を検討する際には、ワンデーサポーターがおすすめです。

★無保険事故とは?1日保険加入で絶対に回避すること!★

2018.1.05 無保険事故とは

無保険事故とは、事故をしたときの加害者が任意保険に未加入であった場合の交通事故です。自賠責保険に加入していない事故も無保険事故となりますが、ここでいう無保険事故とは任意保険未加入の事故を意味するものとします。

損害保険料率算出機構のデータによると、任意保険の加入率は約75%となっていますので、4台に1台の車が無保険車両ということになります。交通事故の損害・慰謝料は加害者の保険会社が負担してくれるのが一般的ですが、では加害者が無保険だった場合どうなるのでしょうか。任意保険というのは、文字通り任意で加入する自動車保険なので強制ではありません。ですから未加入者も一定数いるのですが、自賠責保険というのは加入は法律で義務付けられていますので、自賠責保険に加入していなかったら法律違反となります。それでも自賠責保険の未加入者は少なからずいるようですので、もし事故加害者が自賠責保険にも加入していない場合、被害者は加害者本人に全額を請求することになります。

しかし、そうなると加害者が支払いをしなかったり、支払い能力がない場合被害者は保障を受けられなくなります。そのような事態を防ぐために被害者救済措置として政府保障制度という保障が容易されています。政府保障制度とは、無保険事故やひき逃げ事故に遭った被害者に対して、自賠責保険と同じ保障を与える制度となります。政府保障制度を利用すれば加害者が自賠責保険未加入でも、国から自賠責保険と同等の保障額を受け取ることができます。

いっぽう任意保険は、自賠責保険だけでは足りない分を保障するための保険なので、加害者が無保険だった場合は被害請求額が自賠責保険からおりるお金では足りなかったときには残りのお金は加害者本人が自分で負担しなければならないのです。どちらにせよ事故をした加害者が無保険だったときには様々な問題が起こり被害者が大変な思いをすることには変わりありません。ですから任意保険には無保険事故に対する保障が付いていますので、加害者が無保険だったときにはその保障サービスを利用すれば事故状況によってはご自身が加入している任意保険の保険会社が加害者の代わりに一旦請求額を支払い、保険会社が加害者に代わりに請求してくれます。無保険事故に対応した任意保険のサービスは以下の2つとなります。

人身傷害保険

対人賠償保険と同じ保障が受けられる

無保険車傷害保険

被害者が死亡・後遺症を負った際に人身傷害保険の不足分の保障も受けられる

これらの保障はどの保険会社の任意保険にもセットされている保障なので、任意の自動車保険に加入していれば、被害者が加害者に直接請求する手間も省けますし、被害者は確実に被害請求額を回収できるのです。家族や友人に車を借りて運転をするときに加入できる1日保険にも通常の自動車保険と同じように無保険に対する保障サービスが付帯されているので、1日保険には必ず加入しておいたほうがいいでしょう。また、1日保険は500円という低価格のため、できるだけ多くのドライバーが加入し無保険事故防止につながってほしいという思いも込めて作られた商品でもあります。

★一日自動車保険が普及した背景とその理由★

2017.11.06 一日自動車保険の背景

通常の自動車保険は1年単位で加入して毎年更新していくタイプなのですが、この1日自動車保険は1日単位で加入できる少し特殊な保険です。マイカーを持っていない方が誰かに車を借りて運転する場合、この保険に加入しているかどうかで交通事故を起こしてしまった時の対応などが大きく変わってくるのです。ではなぜ1日単位で加入できる1日自動車保険というものが登場したのでしょうか。ここでは1日自動車保険が普及してきた背景についてふれていきたいと思います。ここ最近、若者の自動車離れが年々進んできてきています。つまり、運転免許は取得しているがマイカーを持たない方が非常に増えてきているということです。マイカーを持つということは年に一回自動車税を納めなければなりませんし、自動車保険の任意保険に加入すれば保険料がかかります。さらにガソリン代や修理費などの維持費が固定費としてかかってきますので、維持費を払ってまでマイカーを所有する必要性を感じないと考える方も多くなってきているようです。新成人のマイカー所有状況でいえば、地方の新成人は車がないと通勤などができないのでマイカーを所有している方は昔と比べてさほど変わりはありませんが、都市部の新成人になると10人中9人はマイカーを持っていないというデータも出ているようです。実際のところ、都市部では交通機関が発達しているので、車を運転することで事故を起こしたり、渋滞に巻き込まれるリスクを背負うより、交通機関を利用したほうが、時刻表が明確で確実に目的地にたどり着きますし、事故や渋滞に巻き込まれることもないので安全面を考えてもメリットが多いと考えている方が多いのではないでしょうか。さらに、最近ではレンタカーやカーシェアリングの普及が高まってきているので、より一層マイカーを所有するより必要な時だけ自動車を運転するというスタイルが定着しつつあるのかもしれません。しかし、マイカーを保有していないということは自動車保険に加入する必要がないため、誰かに車を借りて自動車を運転して事故を起こしてしまったときには無保険扱いになるため保険が損害額を自己負担しなければならなくなる可能性があります。車を貸してくれた自動車の持ち主が自動車保険に加入していたとしても、もしその方の自動車保険を使って事故処理をしてしまえば、次回の更新の時からその方の等級が下がってしまい、さらに保険料も3年間にかけてアップしてしまいます。貸してくれた方が加入している自動車保険は年単位での自動車保険なので、その方の保険を使うということは後々まで迷惑をかけてしまうことになりますので、そのような事がないように借りる側のご自身で自動車保険を掛けることはとても大切なことです。このような背景から、借りた方が貸した方に迷惑をかけないために1日自動車保険の普及が広まっているのです。1日自動車保険の申し込み手続きはパソコンやスマートフォンから簡単に申し込みができますし、申し込み手続きにが完了したらすぐに車に乗ることができますので、マイカーを所有していない方が誰かに車を借りて運転するときは1日自動車保険に加入することをおすすめします。

★人気一日自動車保険のちょいのり保険と1DAY保険を徹底比較★

2017.9.11 一日自動車保険の比較

近年、若者を中心にマイカーを所有する人が減っており、必要な時に親や友人から車を借りる人が増えきているため、一日自動車保険のニーズは高まってきています。2012年1月より販売された東京日動海上のちょいのり保険は、借りた人が万が一事故をしたときに保険商品として需要を拡大してきましたが、2015年10月からは、三井住友海上からも1DAY保険という一日自動車保険が発売されています。どちらの一日自動車保険も、保険料が500円と1500円、対人対物賠償無制限・搭乗者補償1000万円が基本補償と一見同じような補償内容ですが、よく見てみると大きく違う点が見えてきます。ここではちょいのり保険と1DAY保険の補償内容、保険料、サービスをそれぞれ比較してみたいと思います。

補償内容の比較

事故の際、相手方の車の修理復旧費用が時価額より高くなる場合、超過分について50万円を限度に補償してもらえる対物賠償超過費用補償という特約は、1DAY保険には対物賠償補償にセットされますが、ちょいのり保険にはついていません。事故の際、車内・トランクに置いた手荷物等の破損について、1DAY保険では10万円を限度に補償されますが、ちょいのり保険にはついていません。車両復旧費用特約では、どちらも免責金額が15万円となりますが、1DAY保険は免責金額が10万円となるプランも用意されています。

加入方法の比較

どちらの保険も携帯電話会社のドコモ、au、ソフトバンクから24時間365日手続きすることができますが、1DAY保険に限り、セブンイレブンの店頭で加入手続きができるようです。

保険期間の比較

保険期間の設定方法では、以前はちょいのり保険が一日単位であり、1DAY保険は24時間単位となっていたので、1DAY保険のほうが保険期間を有効に活用できました。しかし、2017年4月よりちょいのり保険も24時間単位の保険期間に変更いsているので、今では両者とも同じ水準となっています。ただし、1DAY保険には保険期間二日以上となる場合や複数人で運転する場合に割引がありますが、ちょいのり保険にはこのような割引はないようです。

その他のサービスの比較

事故や故障で借用中の車が走行不能になったとき、修理工場までのレッカー搬送費用を補償してくれるロードアシストサービスは、1DAY保険は30万円、ちょいのり保険は15万円となっています。また、1DAY保険には、借用中の車がレッカーされた後、ご自宅や当面の目的地までの移動費用を一人につき2万円まで、宿泊費用は一人につき1万円までサポートしてくれる事故・故障付随費用特約が基本補償に付帯されていますが、ちょいのり保険にはこのような補償はありません。

★ドライバー保険を知って一日自動車保険のお得度を理解する!★

2017.9.04 ドライバー保険

一日自動車保険と似た商品にドライバー保険があります。ドライバー保険は一日単位ではなく年単位の契約となり長期的に他人の車を運転する人向けの自動車保険です。しかし、ドライバー保険と一日自動車保険は単に期間の問題ではなく補償内容など異なるポイントが多いのでここではドライバー保険について紹介していきたいと思います。ドライバー保険は、自分の車を持っていない方がレンタカーや他人の車を借りて運転したときの事故などに備える保険です。一般的なドライバー保険の年齢条件は「21歳未満」「21歳以上」の2パターンなので、通常の自動車保険に比べてシンプルとなっています。ただし、21歳未満の場合は保険料が高いので、その場合は一日自動車保険のほうがおすすめです。ドライバー保険の補償対象となる車種は、ノンフリートの自動車保険と同じ自家用8種(自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)、自家用貨物車(小型、軽四輪)、自家用普通貨物車(0.5t以下、0.5t超2t以下)、キャンピング車)および2輪自動車、原動機付自転車となっています。対象の車種でも、記名被保険者、記名被保険者の配偶者(内縁関係含む)、記名被保険者の同居の親族が所有する自動車、記名被保険者が役員となっている法人の所有する車は補償の対象外となりますので注意しましょう。補償内容は、対人・対物賠償、人身傷害の基本補償とオプションとして特約も用意されています。特約の種類は保険商品によって異なりますので、事前にパンフレットなどで確認しておくと良いです。また、通常の自動車保険と同じくドライバー保険にも等級制度はありますが、ドライバー保険の等級と自動車保険の等級は別々のものなので、ドライバー保険と自動車保険の等級の引き継ぎはないので注意が必要です。あと、一日自動車保険のように車両保険が付けれないのでその点は一日自動車保険のほうが優れています。ドライバー保険を検討している人も1日自動車保険に加入したほうがお得ではないか十分に検討する必要があります。

★21歳未満は保険料が高いから1日自動車保険のほうがオトク!?★

2017.7.05 21歳未満の自動車保険

一般の自動車保険は年齢が21歳未満の場合は保険料が高くなりがちです。これは、10代は免許取り立ての人が多いため統計的に事故を起こす確率も高くなってしまうことが反映しています。年齢条件を21歳以上にしただけで保険料が半額になるケースもよく見受けられるほどです。したがって、21歳未満の方は自動車保険に加入するより1日自動車保険でリスクに備えるほうが保険料負担は軽かったりします。ただし、1日自動車保険は自分名義の車は対象外となっているので注意しましょう。対象となるのは、親名義の車を借りて運転する場合となります。自分名義の車を所有している場合は、通常の自動車保険に加入するしかありません。ダイレクト型で保険料を抑えるなどの対策をすると良いでしょう。ネット型の自動車保険は、代理店が間に入らず保険会社と直接やり取りを行っているのでその分費用が抑えれています。ただし、事故に遭った場合は代理店スタッフが現場に駆けつけてくれず、全て電話での対応で、後日スタッフが訪問するなどサポート面では劣ってしまうので注意が必要です。また、親名義の車を借りて運転する場合でも、運転する頻度が多ければかえって1日自動車保険の方が高くなってしまいます。また、親の自動車保険に運転者限定特約を付けていない場合は、1日自動車保険も不要になります。この場合は、誰でも補償される分、保険料は高額になります。1日自動車保険の保険料は車両補償なしで1日500円から利用できます。例えば、通勤に使うからと週に5回運転すれば500円×5回×4週×12ヵ月となり、保険料は120,000円となります。これに車両補償を付ければ、倍以上に保険料が膨れ上がってしまうので一般の自動車保険のほうがお得になる可能性もあります。したがって、必ずしも1日自動車保険が安いとは限らないのでまずは、自分の運転頻度を整理して試算してみると良いでしょう。車両補償は付けるか否かで意見が分かれがちですが、新車の場合は付けておくことをおすすめします。高額な修理費用が発生したり、廃車となったりした場合は、車を買ったばかりなのでまだ出費が発生してしまうリスクがあるからです。したがって、自分名義の車を持っておらず、親の車を借りて運転する機会が定期的にあるものの、その頻度が少ない場合は1日自動車保険にその都度加入したほうがお得になります。

★一日保険といえば業過先駆けのちょいのり保険がやっぱり人気?★

2017.6.23 一日保険

他人の車を運転する際に一日単位で補償がかけられ一日保険があります。その名も1日自動車保険と呼ばれる商品は、東京海上日動、あいおい損保、三井住友海上の3社から現在販売されています。各社とも自動車保険では国内トップクラスの実績がある損保会社の一日保険なので安心です。その中でも、業界に先駆けて発売したのは東京海上日動です。一日保険が広まるきっかけとなった東京海上日動のちょいのり保険は、2012年に販売をスタートしています。あいおい損保のワンデーサポーターおよび三井住友海上の1DAY保険は2015年からの販売のため、東京海上日動のちょいのり保険が3年早いことになります。ちょいのり保険は2014年には契約件数100万件を突破しており、この人気ぶりを見た2社が後から追いかけてきた構図となります。当初は、後出しの2つの1日保険のほうが補償期間は24時間体と充実していました。ちょいのり保険は一日単位であったため、夕方から保険開始した場合は、午前0時までのちょっとした時間しか補償されない分不利でした。しかし、現在は24時間単位にちょいのり保険も変更し、ワンデーサポーターおよび1DAY保険と同じ補償水準を提供しています。3社とも一日の保険料は500円から加入でき、補償内容も大差がありません。したがって、申込方法などは異なり使い勝手が利用者によって異なるものの、オススメはちょいのり保険になると思います。やはり、1日自動車保険の実績が違います。今までの利用者数が多いとうことは、それだけ扱ってきた事例も豊富であるノウハウの豊かさが、やはり事故の際など対応の良し悪しに影響してきます。したがって、3社の中からどれが良いか迷う人は、とりあえず業界をリードするちょいのり保険に加入しておいて間違いはないでしょう。ただし、車に積む所持品が高額な場合は、手荷物補償が唯一付帯できる1DAY保険がオススメとなります。他にも、申込方法や携帯名義などによってもおすすめの商品は異なってくるので色々と比較検討してみると良いでしょう。

★一日自動車保険に車両保険は必要!?★

2017.5.26 一日自動車保険

一日自動車保険とは、他人の車を運転する際に利用する自動車保険で補償期間が一日単位で利用でき、一日500円の保険料で加入できます。スマホから簡単に契約できるため、若い世代を中心に人気を集めている自動車保険です。この一日自動車保険は、一日500円という非常にお手軽な保険料から利用できるものの、実は、一日500円のプランだと保険料が安い反面、最低限の補償しかついていないため、車両補償は補償内容に含まれていません。しかし、一日自動車保険では、「ワンデーサポーター」「1DAY保険」「ちょいのり保険」のいずれの商品も一日1500円のプランに加入すれば車両補償がついているため、もしものことが起きた時でも安心して補償を受けることができます。では、そもそも車両補償とは、どのような補償かというと、車両補償は一言で言うと、自分が運転している車に対しての補償になります。具体的に言うと、一日自動車保険の500円の保険料のプランに加入していた場合、もちろん事故を起こした際の対人・対物の保証は付いているものの、車両補償がついていないともし自分が運転している車が故障した際の修理費を一日自動車保険ではまかなうことができません。そのため、親の車を借りて運転していた場合はまだしも、友達の車を借りて運転していた場合に事故を起こしてしまい運転している車が故障してしまった場合、自分で車の修理費を支払うことになります。しかし、一日自動車保険では、前述した通り、1500円の保険料から車両補償付きのプランに加入することができるため、このような状況を避けたい人も安心して車を運転することができます。その際、考えなければいけないのが運転する車の状態です。例えば、仮に10年以上乗った車や、中古車を運転する際にも車両補償をつけるか、と言う問題です。もちろん、それでも友達の車であったら、必要な場合も多いかも知れませんが、仮に親の車であれば場合によって車両補償が必要ないと言うケースも存在するはずですし、その際は車両補償を外して保険料を安く抑える方が賢い一日自動車保険の利用法だと言うことができます。そのため、一日自動車保険といえども、利用する際には自分の利用状況をしっかりと分析し、それらを踏まえた上で自分にとって最適なプランで利用する必要があります。

★普段車に乗らないなら一日保険に加入しよう!もしもの時にも安心のサポート!★

2016.9.16 1日自動車保険比較ランキング

自家用車を保有しない方が増えており、最近では「若者の自動車離れ」もニュースになる程増えています。特に、東京や大阪といった都心に住んでいる方は、自動車を持っていなくても電車・バスといった公共交通機関で普段の生活が足りるため、自動車免許を持っていてもペーパードライバーの率が非常に高いと言えます。しかし、実家である田舎に帰省した際やドライブで友人の車を運転しなければならない機会も年に数回は発生します。こうした時に、通常の自動車保険では本人もしくは同居の家族と保険対象者が限定されるためワンコインで加入できる一日保険が人気となっています。一日保険は、その名の通り1日500円という少額が加入可能な自動車保険の一種であり、低価格ながらもロードサービスやもしもの際の保障は通常の自動車保険と遜色ありません。事故を起こしてしまった場合、自分が運転していた車両のみならず相手の車両や同乗者に対しての治療費など非常に高い費用が発生してしまいます。楽しいドライブを充実したものとするためにも、一日保険に加入して安心を買うことが重要です。一日保険は、コンビニやスマホで簡単に加入することが可能です。保険会社によって補償内容やロードサービスなどが異なっています。「1日自動車保険比較ランキング」では各保険会社の商品詳細や口コミ情報を無料で公開しています。久々のドライブ前には、ランキングを参考に比較した上で自分に最適な一日保険に加入しておきましょう。

★死亡保険は家庭環境によって千差万別!今一度加入している保障を見直そう!!★

2016.4.15

生命保険比較ランキング働き盛りの人にとっては自分に万が一のことがあった場合、残された家族を経済的に困窮させないよう死亡保険に加入しておくことは重要です。生命保険文化センターの調査によれば、死亡保険に加入している家庭は8割を超えています。ただし、過不足のない保障をかけている家庭はほんの一握りとなっています。理由は簡単で保険外交員から強引に勧誘を受けて保険に入ってしまった人や、貯蓄や家族構成などを加味せずに安易に保険料の安さだけで加入している人が多いからです。死亡保険の適切な保障額は、各家庭によって異なります。なので、この機会にもう一度加入している保険を見直すことをおすすめします。死亡保険の必要な保険金額は、ライフイベントによって加減するため、定期的にメンテナンスを行っていきましょう。特に重要なのが子供とマイホームです。子供は年齢によって今後かかる養育費が異なってくるため、子供がまだ小さい家庭ほど高い保険金をかけて備えておいたほうがおすすめです。教育費に関しては全て公立に通ったとしても、総額2000万円はかかると言われています。学資保険や収入保障など子育て世代の家庭にも安心な商品があるので、掛け捨てタイプなどできるだけ保険料を抑えて加入すると負担を抑えられます。一方で、マイホームをローンで購入した場合は、死亡保障額を見直してみましょう。ローンを組む際に団信生命保険に加入すると思いますが、これは自分に万が一のことが起きた場合、残りの返済額が免除されます。ただし、共働きのため連帯債務で加入している場合は全額免除とはならないので注意しましょう。団信に加入済みの場合は、その分残された家族に住宅費が発生しないため、その分の死亡保障額を減らして貯蓄などに充てておくと良いでしょう。以上のように家庭環境によって必要な保障額は異なってくるため、難しく感じる人は一度保険の無料相談などを利用してプロの立場から見直し・アドバイスをもらうことをおすすめします。

★新たな就職支援サービスのカタチ!セカンドキャンパスに注目してみました!★

2016.4.1 セカンドキャンパス

新卒大学生にとっては、初めての就職活動のため不安もいっぱいだと思いますが世の中には様々な就職支援サービスがあります。求人斡旋や就活セミナーなどたくさんありますが、セカンドキャンパスと呼ばれる新たな就職支援サービスが新卒就活生に注目されています。セカンドキャンパスは、名前の通り大学とは別に就活拠点を提供したもう一つの就職課です。東京、大阪、名古屋、広島、福岡に拠点があり、提携大学の生徒は他の提携大学の就職課も利用可能となっています。地方の新卒就活生は、旅費を浮かせるために夜行バスなどを利用して都市部の採用試験を受けに行きますが、どうしても合間に時間が空いてしまいます。また、日帰りのためにキャリーケースなど大きな荷物も一緒に移動するため大変ですよね。喫茶店や漫画喫茶などを利用する人が多いと思いますが、決して安くありません。そんな時に助かるのがセカンドキャンパスです。施設内には更衣室があるため、スーツを着てバスに乗る必要もなくシワを気にする心配もありません。また、荷物預かりサービスも行っているので、身軽に移動可能です。他にも、インターネットが無料で利用できたり新聞や就職に役立つ書籍が読めたりなど、空いた時間を有効に活用できる行き届いたサポート体制は、多くの就活生から好評を得ています。就職支援サービスの一環としてセミナーなども開催されているので、ぜひ就活で都市部に行く必要がある場合は利用してみることをおすすめします。東京の新宿校は平日であれば7時から21時まで開いているので、夜行バスによる早朝の到着や遅い出発便も安心です。現在は、提携大学の学生のみの利用となっていますが、福岡校などは他大学の学生も利用できるなどサービス範囲が拡大中なので今後に期待大です。非常に使い勝手の良い就職支援サービスなので、まずはご自身の大学が提携しているか確認してみましょう。

★売り手市場だからこそ企業選びは慎重に!新卒採用を福岡ならココが一番!★

2016.3.18 ユニクリナビ2017

リーマンショックによって一時は就職氷河期が到来していましたが、今では新卒学生優位の売り手市場となっています。実際に、新卒採用による内定者数は2015年時点で4年連続前年度を上回る実績を上げています。景気が好転し企業の業績が回復したことで、新卒採用枠を増やしている企業が増加していることの表れでもあります。これは、福岡で新卒採用を探している大学生にとっても朗報であり、より自分の理想に近い企業へ就職できるチャンスが増えたと言ってもいいでしょう。福岡は九州第一の経済都市であり、アジア圏にも近いため、多くの企業が進出しており、人材発掘も活発です。ただし、売り手市場のときこそ企業リサーチは入念に行うことが重要です。近年では大きく取り上げられるようになったブラック企業も、人件費が安くてフットワークの軽い若い人材確保に力を入れているからです。待遇や会社のブランド力に目を奪われずに、会社の中身を見極められる判断力をつけていきましょう。とは言うものの初めての就職活動のため、分からないことも多々あると思います。そんな時に役立つのが福岡の新卒採用をサポートするユニクリナビです。マイナビやリクナビなどもありますが、掲載企業が1000社を超えており、莫大な企業の中から自分の求める企業を探していくのは大変です。いっぽう、ユニクリナビは厳選した100社程度を紹介しているので、優良求人の中から自分に合った企業を探すことができるのです。さらに、ユニクリナビを運営するユニバースクリエイトは、福岡を拠点とする人材紹介会社なので、九州の就活に強いのが特長です。ユニクリナビに会員登録を行えば、「JOBマッチ」により無料で就活生一人ひとりに合ったサポートを提供してくれるため非常に心強いです。毎年、JOBマッチを利用して500名上の就活生が内定をゲットしているので、福岡の新卒採用に応募しようと思っている人は一度利用していることをおすすめします。

新卒採用 福岡はコチラ

★電気料金の割安プランもあり!電力会社を比較して家計の見直しを実践!★

2016.3.11 電気料金比較ランキング

電力自由化が今年の4月から開始されますが、一番期待されていることは電気料金の値下げです。これまでは、地域を管轄している電力会社が契約をほぼ独占していたので電気料金も企業側の都合で設定されていました。電力自由化により、新規参入企業が増えれば価格競争が起き、従来と比較すれば割安な電気料金を提供する企業が増えてくることが予想されています。電気料金は安くても停電しないか不安に思う人もいるかもしれませんが、電力会社を変更したからといって依然と比較して電気の質が変わったり、停電が起きたりすることはありません。同じ送電網を利用して電気を供給しているので、契約先の電力会社が倒産したとしても、地域の既存会社が電気を供給してくれることになっています。消費者保護の観点からセーフティネットが構築されているので、安心して自由に電力会社を選択することができます。では、電気料金を下げることは本当に可能でしょうか。答えはイエスです。多くの新電力では、電気使用量が多い企業ほどオトクになるプランを提供していますが、スマホやネットなどの他のサービスと一緒に加入することでセット割が適用可能となります。そのため、電気料金単体での削減効果は薄いですが、家計全体の支出でみると大きく節約することができます。例えば、セット割ではなくても、HTBエナジーが提供する電力プランなら、既存の電気料金の5%保障を約束しているので、契約種別に関わらず比較的値下げ効果を実感できます。他にも、電気を申し込むとガソリン代が安くなるプランなど、様々な電力プランが提案しているので、まずは各社の電気料金を確認してみることから始めてみてください。電気料金比較ランニングというサイトでは、電力自由化に備えたオトクな情報を豊富に発信しています。電気料金についても様々な角度から比較しているので、とても参考になります。

電気料金 比較はコチラ

URL:xn--qev87l4w9a9ke.biz

★電力自由化って何!?今からでも知っておきたい役立つ基礎知識を伝授!!★

2016.3.4 電力会社.net

電力自由化とは、電力の小売り自由化のことであり、2000年3月に初めて開始されました。当初は、大規模な工場や商業施設を対象とした「特別高圧」のみに限定されていましたが、2004年以降は高圧区分の向上や中小ビルなどにも範囲が拡大してきた経緯があります。そして、今回話題となっている2016年4月スタートの電力自由化は、家庭や商店を対象とする「低圧」の解禁であり、これで電力会社は全ての区分で自由に選べるようになります。私たちの生活で何が変わるかというと、これまでは住んでいる地域の管轄であった電力会社と契約していましたが、2016年4月以降は携帯電話やインターネットのように自由に企業を選べるようになります。電力自由化は、市場を開放することで新規の電力会社(新電力)の参入を促し、市場に活発な競争を引き起こすことでより良いサービスの提供が期待されています。その一つが電気料金の値下げです。新電力では、既存の電力会社よりも割安な電気料金を設定しており、業種によっては既存のサービスと組み合わせたセット割により顧客獲得を図っています。携帯電話やネット、ガスなど既に利用している会社で電力も申し込めば、オトクになるのは間違いないです。このように電力自由化はメリットが大きく強調されていますが、もちろん注意点もあります。まず、新電力の多くのプランは電気使用量が多いほど電気料金が安くなる仕組みとなっています。つまり、毎月の電気使用量が少ない人にはオトクでないこともあります。また、プランは2年縛りなど中途解約の場合は違約金が発生してしまうこともあるので、加入前にしっかりと確認しておきましょう。電力自由化について興味がある方は、「電力会社.net」を参考にしてみてください。基礎知識や用語集だけでなく、コンシェルジュ・サービスを実施しているので、気になる点や不明点など何でも解決可能です。

電力会社の選び方をホームインテリアコーディネーターが伝授!

ページトップへ戻る

Copyright (C) 電力会社の選び方をホームインテリアコーディネーターが伝授! All Rights Reserved.